スタイリッシュなオフィスのレイアウトのパターン

オフィスはレイアウトがどうであるかは余り気付かずに作業を行っている場合が多いものです。オフィスにおいてはコミュニケーションの取り方は重要で、お互いの心のやりとりが結び付けを強め、組織を円滑にする潤滑油となることも多いものです。同時にプライバシーも大切にできるという要素も見逃せません。オフィスのレイアウトは作業効率を上げるにも大切で、この道の専門家がいるぐらいに重要でもあります。オフィスは会社の顔とも呼ばれ企業の理念を表し、社員のモチベーションとも関係しているとされます。できるだけおしゃれなオフィスで仕事をしたいとか適切な配置にしてみたいと考える人も多いとされています。これは会社の規模や分野、広さにも関係していてその辺りのことはこれらを踏まえて検討して行くことになります。

規模ごとのレイアウトの仕方については

大きな企業の場合には無駄な仕切りをなくしてオープンにし、必要なところにはガラスを用いることで人の声や騒音を排するようにしている事例があります。ある外資系企業では色彩とともに素材を変えて緑の床とか観葉植物を配置し、すべてのデザインで丸みを帯びた統一感のとれているところがあります。あるスタジオでは全てマイルームが与えられていてそれぞれにデザインも異なり、自分で思うように仕上げることも出来ます。遊戯室のようなレイアウトのところも見られます。卵型の個室やかまくらを模した室、車体のような室とバラエティに富んだものも見られます。中小規模の企業ではデスクを円卓にすることで円滑なコミュニケーションを図っているところも見られます。世界にはあっと驚くようなレイアウトがあったり個人を大切にして同時に自由さを感じさせてくれるデザインも多いものです。

国内での基本的なスペースのとりかた

日本国内においては資金に余り余裕があるとは言えない場合もあり、オーソドックスなものにアレンジを加えて工夫して快適空間を作るようにするところも見られます。執務面積を社員数で割ると1人当たりのスペースが出ますが、これが6平米以下であると作業効率も悪くなります。デスクも同じ向きや背中合わせ、片面が壁という場合に通路幅は十分確保する必要があります。一般的に効率が良いとされている方法には対向式や一方向式、背面式、左右対称式、卍式、ブース式、リンク式、ベンゼン式、フリーアドレス式などがあり、これを仕事の分野で使い分けることが出来ます。資料が増えると山積みされることも多く、その場合には情報漏洩の危険性も出てきますので収納部分での整理が必要になります。実際のオフィス家具の寸法を知り、レイアウトソフトを使って計画するという方法もとれます。