オフィスをスタイリッシュに見せるレイアウト教えます

どんなに好きな仕事でも会社勤めというのはだんだんマンネリ化してダレが生じていきます。社会で働くことに慣れ、人間関係の裏表もある程度知ったとき、どうも退屈な気分に落ち込んでしまう人が少なくありません。毎日同じようなことの繰り返しをする生活だと思ってしまうと、それが精神的な堕落を招き、ひどい場合はやる気を損ねてノイローゼのような症状を引き起こす可能性もあります。変化のない毎日は、社員たちのモチベーションを下げてしまい、生産性を落としてしまいます。では、いかにして会社は新鮮な刺激を社員たちに与えれば良いのでしょうか。決まった仕事というのは変えられません。新しいことをやるにはリスクも伴います。手っ取り早くできる、斬新な方法がオフィスのレイアウトをリニューアルする方法です。

会社というイメージの固定観念がモチベーションを下げている

「会社」と言われて多くの人にどのような場面を想像するか、聞いてみると面白い結果が出てきます。四角いデスクが並んで書類が山積みになり、慌ただしく電話が鳴り響いているというシーンを大抵の人が思い浮かべます。このようにサラリーマンが勤める空間というのは人の心理の中で無意識のうちに決まってしまっています。これが、実際の仕事を行う上での余計な負担となってしまいます。窮屈なイメージと常に苛々したような落ち着かない空間に身をおくことは、想像以上のマイナス思考を社員たちに植え付けてしまいます。仕事はリラックスして楽しくやれるに越したことはありません。ではいったい、オフィスのレイアウトをどのように工夫すれば、そのようなイメージを払拭した空間を作り上げることができるのでしょうか。

スタイリッシュなオフィスレイアウトの秘密はカフェ

普段、街を歩きながらリラックスしたいなぁと思うとき、ふと立ち寄る場所があるでしょう。それが、カフェです。個人店から大手チェーン店も含め、カフェの人気は年々上昇傾向にあり、店舗の数も増えています。人気を集めている店づくりの秘密は、家の中にいるよりもさらに快適な空間を築き上げているところにあります。高級なソファーを置いたり、通りを眺められる設計で椅子やテーブルの配置が成されています。このスタイリッシュな空間はそのままオフィスのレイアウトに活かすことが出来ます。壁を木目調にしたり、蛍光灯を間接照明に変えてみましょう。作業に支障がないのであれば、小さくジャズやクラシックを流すのも悪くありません。家よりも落ち着ける空間で仕事ができる社員のモチベーションは上がるに違いありません。