こんなオフィスのレイアウトはどうですか

綺麗に片付いた部屋とそうでない雑然として散らかった部屋で、人はどちらのほうが落ち着くでしょうか。答えは明白なはずです。どんな作業を行うにも周囲の環境といかなる空間の場所に身を置いているかというのは大変重要です。自分の部屋というのは一日の疲れを癒すところでもありますので、それぞれの個人がレイアウトやインテリアに気を遣っていることでしょう。ところがオフィスにおいては多くの企業がその点を重視していません。どの会社も似たような区切りで、慌ただしいフロアが広がっています。しかし、オフィスのレイアウトは社員たちの仕事における生産性に直結すると言っても過言ではありません。社員のモチベーションを上げたり、発想力を豊かにするためのレイアウトを施して利益の上昇を目指しましょう。

個人のモチベーションを上げるレイアウト

会社のオフィスというのはどうして疲れが溜まってしまうのでしょうか。家に持ち帰って仕事をしているのとではなぜか場の空気が異なります。それはオフィスで仕事をしている社員の心理に、無意識の中で監視されている状態であると認識しているからです。自分の仕事だけに集中できず、ついつい上司やリーダーの目を気にしてしまいます。生産性の上がるオフィスのレイアウトというのは、個人でできるデスクワークにおいて周囲を気にせず没頭できる形となります。受験生が通う予備校などではデスクを仕切りで区切っているところがあります。閉ざされた空間でこそ、社員は本領を発揮することができます。デスクワークにおいて、雑念が払えない状況になっていないかどうか、オフィスを見直すと良いでしょう。

チームワークを深めるデスクのレイアウト

一方で、仕事というのは個人だけでこなせるものではありません。部署ごとのチームワークや、あるいは社内全体の空気というのも社員のモチベーションに繋がります。チームで行う仕事において生産性を上げるレイアウトはどのようなものでしょうか。一般的な会社ではそれぞれの部署ごとに区画を設け、四角い机を四角く並べてそれぞれの島を作っているはずです。しかし、そのような状況では個人で行うデスクワークと態勢や視線が変わりません。チームワークをより高めるレイアウトはデスクを円に並べます。市松模様のような形にレイアウトを取れば、チーム全体が社員ひとりひとりから見渡すことが出来ます。これが団結力を深め、生産性の向上につながります。個人で行う仕事と、チームで仕事を行う際のレイアウトの使い分けが、生産性を上げるコツとなっています。