オフィスのレイアウトのアイデアを提案

自分が働いている職場のオフィスについて考えたことはあるでしょうか。オフィスのレイアウトは非常に大切で、業績や効率を上げることができて社員にやる気をみなぎらせることができたり、反対に下げたりする効果があります。普段気にしないものかもしれませんが、以外にも注意すべき事柄なのです。オフィスのレイアウトを見直すことは、様々な効果があります。例えば、本来であれば有効利用できるスペースが、デスクの配置によって余ってしまっている場合や、間隔が狭くて物が多く、移動しにくいので能率が下がっている場合など様々です。もし、このような問題を抱えているオフィスなのであれば、ほんの少し意識を変えることによって、過ごしやすく使いやすい部屋に変えることができます。今回はオフィスレイアウトの様々な種類を紹介します。

レイアウトの力で作業効率をあげる

オフィスにおけるレイアウトには、ゾーニングと呼ばれる方法があります。ゾーニングとは、部屋などのあらかじめ決まっているスペースに対して、物や人員などを割り当てる方法です。この時、どのようにすれば効率良くなるのかを考えて行う事が大切です。一般的なものとしては、デスクを向かい合わせにして置く方法があります。このような配置を行うとグループワークなどが行いやすく、社員間のコミュニケーションがとりやすいメリットがあります。他にも、デスクが隣り合っているので配線関係が処理しやすかったり、スペースに対する効率が良いなどのメリットもあります。その他にも、小学校のように正面を決め、一定の方向にデスクを配置することも可能です。この場合にもコミュニケーションが取りやすく、従業員の把握がしやすいメリットがあります。

現状を見直してレイアウトを変えてみる

新たにレイアウトを考えるのも良い方法ですが、現状の改善をすることでオフィス環境を変える方法もあります。この場合では、現状のメリットとデメリットを把握することにより、オフィスに必要なものと必要のないものを考えることが出来ます。例えば営業の部署の場合、資料が多い仕事場だといえるでしょう。そこで、資料が多く、管理が出来ずに困っている状態なのであれば、資料を管理するスペースや棚を作ることが必要となります。また、お客様が来る受付などでは、お客様のことを考えたレイアウトが必要になります。スペースの効率だけ考えて、部屋自体を窮屈にしてしまえば、お客様が過ごしにくい環境を作り出してしまうでしょう。このように、現状を把握し、足りないものを見つけることが大切になります。そして、その足りないものを作り出すレイアウトを考えることも、オフィスを良くする1つの方法といえるでしょう。